ガソリン割引で選ぶ法人カード

15gasoline-discount

ガソリンはどのくらい安くなるのか

法人カードの中には、石油元売り企業と提携し発行されているものがあります。それらのカードの利点の一つは、ガソリンなどの燃料費の割引サービスを受けることができると言うことです。

割引サービスは大きく分けて二つ。使用金額の内、交通費に当たる部分がキャッシュバックされるというものと、ガソリンを購入する際にリットル当たりの値段が下がるものです。キャッシュバック型は、前月の利用金額に応じて現金還元率が決定されます。カードにもよりますが、還元率は最高で3パーセントほどです。値下げ型も同じく前月の利用金額に対応した値下げがなされます。一リットル当たり、多い場合だと7円ほど値下げされることもあります。

ガソリンスタンド専用カードとは

燃料系の法人カードは大きく三つに分けることができます。一つは、通常のクレジット機能をもつカード。もうひとつが、ガソリンスタンドでのみ使用ができるカード。最後に、燃料購入時のみ使えるカードです。

燃料系法人カードを申し込むと、まず元となる普通のクレジットカードが発行され、それに追加する形でガソリンスタンド専用カード、燃料カードが発行されます。ガソリンスタンド専用のカードは、燃料をはじめとするガソリンスタンドの商品を購入ときだけに使用ができるカードです。車で営業をする社員などに持たせて、燃料などの社用車にかかった経費を管理するのに適しています。

おすすめのガソリンカード

ガソリンカードにもさまざまな種類があります。営業で車を使用することが多いのであれば、ガソリンスタンド専用カード、燃料カードを追加で発行できるものを選ぶのが良いでしょう。元のクレジットカードは代表者や役員が所持し、営業車を使用する社員に燃料カードを持たせるという形態です。

もし、社用車以外の電車や新幹線などの交通手段を多く使用する場合は、燃料から値引きをするものではなく、交通費に対してキャッシュバックがなされるカードを選びましょう。現金還元の対象はガソリンだけでなく、それを包括した交通費ですので、効率よく経費削減することができます。

関連記事

ページ上部へ戻る