法人カードを手に入れる方法

8how

他のカード会社で申し込んでみる

法人カードの審査に落ちてしまったからと言って諦める必要はありません。もう一度ほかの法人カードの申し込みにトライしてみましょう。法人カードの審査基準は、クレジットカード会社によって異なります。比較的審査のハードルが低く設定している会社もあれば、一般カードであってもプラチナカード並みの厳しい審査を設けているところもあります。

法人カードの審査基準をあらかじめ知ることはできないため、自分の企業に適応した基準を設けているカード会社に当たるまでいくつか申し込んでみる必要があるでしょう。

会社の運営歴が3年になるまで待つ

過去に赤字などが無かったとしても、会社の運営歴が短いがゆえに審査に落ちてしまうことがあります。もちろん3年でなければならないと言う訳ではありませんが、一般的には3年の経営実績があれば十分であると認識されているようです。

新しく設立される会社の多くは3年以内に廃業してしまうため。それ以上の運営歴があると言うことはある程度の経営が成立していると判断されます。また、あまりに期間が短いとカード会社側としても判断しづらいという背景もあるようです。過去に赤字が一度もないという会社であっても、たとえば運営歴2か月であった場合、その黒字が良いのか悪いのか審査できないでしょう。

代表者個人のクレジットヒストリーの確認

過去にどういうようにクレジットカードを使ったか、借金はあるか、支払いの滞りはないかなどのクレジットヒストリー(信用情報)が、クレジットカード会社や銀行などの間で共有されています。信用情報は「信用情報会社」と呼ばれる種類の会社によって管理されています。

個人の信用情報は、本人が閲覧することができます。もし、法人カードの審査に落ちた際に、自分の企業の落ち度が見当たらない場合、自分のクレジットヒストリーを確かめてみましょう。法人カードの入会申し込み時には、代表者がどんな人物であるのかと言うことも審査の対象になります。過去にブラックリストに載ったことがあると、不利になってしまうことがあります。

関連記事

ページ上部へ戻る