法人カードを比較すると

2comparison

ガソリン法人カードの比較

法人カードの中には、石油元売り会社と提携して発行されているものがあります。たいていの場合そういったカードはガソリンなどの燃料費、交通費のキャッシュバックなどのサービスが受けられるようになっています。

ガソリン法人カードの中でも、JCBとシェル石油、コスモ石油が提携しているカードはキャッシュバック型のカードです。月々の使用料が一定金額を超えると、そのうち交通費を一定の割合現金還元すると言うものです。使用料金が多いほどに還元率が増えます。

また、キャッシュバックではなく、ガソリン代の割り引きを行っているカードもあります。シナジーカードがこれに当たるカードでしょう。燃料を購入するたびに、その値段から割り引きされます。

VISA法人カードの比較

VISAは世界で幅広く使用することができるキャッシュカードブランドです。さまざまな企業と提携し、特色あるカードサービスを打ち出しているほか、VISA独自の法人カードを発行しています。

VISAビジネスカードは法人の中でも中小企業を対象としたカードです。個人の事業主はマーチャントメンバースというカードを使用することができます。

中小企業の中でも規模が大きい会社、あるいは大企業の場合はVISAコーポレートカードがおすすめです。このキャッシュカードは、使った金額をその用途ごとに分類することができます。この機能により、より経費の管理を簡単に行うことができます。

ANA法人カード比較

法人キャッシュカードの中でも人気が高いものは、ANAなどの航空会社と提携しているものでしょう。空港や航空機を使用する際のメリットが大きくなるため、出張で海外に行く機会が多い企業から特に需要があります。

ANA法人カードはそのサービスのランクから、一般、ワイド、ゴールドに分類することができます。ランクが高いカードほど充実したサービスや高額の保険を受けることができますが、それに比例して年会費が高くなっています。また審査も厳しくなる傾向にあるようです。カードブランドは、VISA、MasterCard、JCB、そしてダイナースクラブ選ぶことができます。

関連記事

ページ上部へ戻る