法人カードとは

1corporate-card

法人カードをおすすめする理由

法人カードを作るとさまざまな面でメリットがあります。もちろん手数料などもかかってしまいますが、それを補ってなお有り余る利益を得ることができるのです。

もっとも代表的なメリットとしては、経費の処理や清算が簡単になると言うことでしょう。法人カードを使用して経費の支払いをすることで、支払い先を一か所にまとめることができます。また、社員にカードを持たせて、備品購入時の代金や出張の費用を支払わせることで、立て替え払いを回避することができます。このことによって、清算の手間も、それに割く人員も削減することができるのです。

法人カードの名義人は個人か

法人カードと個人カードでは、基本的な仕組みは同じです。商品購入時に支払いをクレジットカードで支払うことによって、一時的にクレジットカード会社に支払いを肩代わりしてもらうと言うものです。それでは、法人カードと個人カードは何が違うのでしょうか。

法人カードと個人カードは、もちろん用途や目的なども違うのですが、もっとも大きな違いは、その名義が法人になるか個人になるかと言うことです。法人カードはクレジットカード会社と法人との間に契約を結びます。クレジットカード契約時に、連帯保証人として個人を挙げなければならないため、法人が無くなったからと言って、契約がまったくなくなるという訳ではありません。

法人専用の口座が必要

法人カードは、法人とクレジットカード会社との契約ですので、法人カード会員になるためには、法人の口座が必要になります。

法人カードに必要な口座を取得する際にも審査が必要になりますが、一般に法人カード作成よりはハードルが低いと言われています。口座は、インターネット口座であっても、所謂普通の口座であってもかまいません。

個人事業主の場合は、屋号付き個人の口座を使用しなければならないことが多いようです。屋号付き口座を持っていると、事業主としての信頼性が増すので、クレジットカードの契約をする前にぜひ開設しておきましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る