債務整理者が法人カードを持つには

5debt-consolidation-person

一定期間の経過を待つ

債務整理をした場合、個人のカードを持つことができなくなることは知られていますが、法人カードの場合はどうなのでしょうか。一応、法人カードの作成ができなくなると言う訳ではありません。しかし、一定の期間が経過するのを待つ必要があるかもしれません。

法人カードは、法人とクレジット会社の契約という形を取っています。ここでは、法人とその内部にいる人間とは一体とみなされているようです。したがって、社員や経営者が債務整理を行っている場合、審査に通らない可能性が高くなります。債務整理をしたと言う情報は、大抵5年間保存されるので、それ以降であれば、審査を通過することができるかもしれません。

信頼情報の仕組みを知る

クレジットヒストリーを直訳すると信頼の歴史、つまり信頼情報のことです。ご存知の方も多いかと思いますが、クレジットカードなどを使用すると、使用の履歴が保存されます。その情報は銀行やクレジット会社で共有されることになります。

クレジットヒストリーは通常5年、場合によっては7~10年間保存されることになっています。もし支払を滞らせてしまった場合などは、その情報が5年間信頼情報会社のデータベースに保存されます。クレジットカード、法人カードの審査の際もその情報が参照されるため、過去にブラックなクレジットヒストリーがあると、不利になってしまう恐れがあります。

基本的には難しい

債務整理者である場合、基本的には法人カード作成は難しいと思ってください。法人カードに限らず、クレジットカードは利用者が支払いできなくなるとクレジット会社に不利益になってしまいます。そのため、クレジットカード入会審査の際には、過去の信用情報を調べ、支払い滞り、債務整理などの悪い情報が無いかと言うことが調べ挙げられます。逆に、きちんと定期的に支払いがなされた場合は審査の際に有利に働くことがあります。

自己破産などの場合は、通常の5年ではなく、7年から10年もの間信頼情報が保存されることになっているので、少なくともその期間内にクレジットカードを作るのは難しいと考えた方が良いでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る