手に入れやすい法人カードとは

9corporate-card

経営状態、運営期間によっても作りやすさは変わる

経営状態、運営期間によっても作りやすさは変わる
カード会社ごとに異なった審査基準が定められており、審査に通りやすい、通りにくい法人カードがあるのは確かです。法人カードに入会する際に、そういった観点から「審査に通りやすい」企業を選ぶことは悪いことではありません。しかし、審査のハードルが低いカード会社であっても、すべての申し込みを無条件に入会させている訳ではありません。その会社がどのような状態にあるか、どれだけの運営期間を持っているかによって判断しているのです。

一概には言えませんが、できるだけ赤字が無く、経営が安定しており、長い運営期間がある方が審査に通りやすくなっています。

メーカー・消費者金融が母体になっている場合

あくまで傾向の話ですが、メーカーや消費者金融が母体になっているカードのほうが審査が緩いと言われています。クレジットカードでも、長い伝統をもつ格式高いクレジットカード会社が単独で提供しているカードは非常に審査が厳しいです。

逆に、そうでない会社が提供しているカードは顧客を大量に確保しなければならないこともあり、わりかし審査に通りやすいです。もちろん、審査に通りやすければ通りやすいほうがよいというものではないため、自社の目的に合わせたカードの取得を目指しましょう。

有名なカード会社ほど厳しいと言われる

一般的には、世間に名の通ったクレジットカードほど審査が厳しいという印象を持たれています。確かに、長い歴史をもっているクレジットカードは、高級なイメージとそれを裏切らないサービスを売りにしているものもあります。しかし、有名なカードすべてが厳しい審査を設けているという訳ではありません。

有名なカードであるということは、多くの店舗と提携している、そして多くの人が持っているということです。多くの人が持てるカードの審査が厳しいはずもありません。実際に日本で広いシェアを持っているJCBや、世界で使用ができるアメックスなどは審査に通りやすい法人カードであると評判です。

関連記事

ページ上部へ戻る