法人カード手に入れるために必要なこと

7necessary

審査はカード会社によって異なる

ん。各社異なった基準で独自の審査をおこなっています。そのため、審査が厳しいカードもあれば、審査に通りやすいカードも存在しているのです。

口コミなどで見つけることができる「法人カードの審査基準」は、経験則で作られているため一部正しいものはあるものの、すべてがその基準に収まるとはかぎりません。クレジットカード会社としては、支払いの滞りや企業の破産などが無く、末長く契約が続くのが利益になります。安定した経営を証明できれば、審査の際の印象もぐんとよくなるでしょう。

代表者の審査

法人は法の下では人として認識されているものですが、もちろん意識を持っている訳ではありません。その内部には法人を運営している人間がおり、その判断に従って法人は動いているのです。

法人カードは、法人向けに発行されているカードです。審査の際には法人の過去も調べられるのですが、法人を動かしている主体である代表者も対象になります。代表の素行が悪かったり、お金の使い方が悪いと、法人の行動に悪影響が及ぶことが予想できます。そのため代表者の審査が必要です。クレジットヒストリーなどに傷が付いていると、審査基準に引っかかってしまうことがあります。注意しましょう。

法人の運営期間が3年以上だと望ましい

創業したての法人は、審査に落ちることが多いと言うのが定説です。一般に三年以上の経営実績が必要だと言われています。クレジットカード会社によっては審査基準にそのような明確なハードルを設けてあるところもあります。

3年以上ないと絶対に無理と言う訳ではありません。現に、3年未満の経営期間で法人カードを持っている企業もいくつか存在しているようです。しかし、3年の運営期間と言うものは、それだけでもきちんと経営が成り立っているということを示す要因になります。可能であれば、創業から3年以上経過してから法人カードを申し込むのが良いでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る